読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦場のプログラマー

名前は誰も知らない。

Locate32 の初期設定

ファイル名を高速に検索してくれる定番のソフトウェア。

Locate32 は独自のデータベースを持っており、ドライブ全体をスキャンしてデータベース化したものを検索します。
インストールした初回は必ずデータベースをアップデート(新規作成)しなければなりません。
このデータベース作成作業も数分かからずに終わるのでとても高速です。

その初期設定のメモです。

ログイン時に自動起動するように設定

Locate32 は使いたいときにすぐに開いて検索できないと意味が無いので、ログインした時に自動で起動するようにします。

f:id:wnoguchi0727:20150816132115p:plain

以下のように、スタートアップフォルダに起動用のショートカットが作成されていることが確認できました。

f:id:wnoguchi0727:20150816132144p:plain

定期的にデータベースを更新する設定をする

このデータベースの更新処理自体は初期設定では定期的に実行されるわけではないので、
そのままだと古いデータベースのまま検索するので、ファイルが増えたり減ったりしたときにそれが検索対象とならず、あまり意味がありません。

ここでは 30 分ごとにファイル一覧データベースの更新処理が行われるように設定しました。

f:id:wnoguchi0727:20150816132315p:plain

余談

ちなみにこの Locate32 、 32 と言っておきながら 64 ビットバージョンのバイナリも配布されています。

References

  1. Locate32