PPPoEの設定(固定IP環境) – RTX1200

  • ppインタフェースはipsecの場合はPPPoEの時のみ使用する。
  • VPNPPTPを使用するときはこの限りではない。
pp select 1
pppoe auto connect on
pppoe auto disconnect off
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname ユーザID パスワード
pp always-on on
ppp lcp mru on 1454
ppp ccp type none
ip pp address xxx.xxx.xxx.xxx/32
ppp ipcp msext on
ip pp mtu 1454
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
ip route default gateway pp 1

pp1から抜け出したいとき

pp1# pp select none
#

インターネット接続はすぐに反映されないみたいなので

restart

インターネット接続試験

まずはppインタフェースの接続状況を確認しましょう。

# show status pp 1
PP[01]:
Description:
Current PPPoE session status is Connected.
Access Concentrator: BAS
1 minute 49 seconds  connection.
Received: 14 packets [840 octets]  Load: 0.0%
Transmitted: 13 packets [511 octets]  Load: 0.0%
PPP Cofigure Options
LCP Local: Magic-Number MRU, Remote: CHAP Magic-Number MRU
IPCP Local: Primary-DNS(xxx.xxx.xxx.xxx) Secondary-DNS(xxx.xxx.xxx.xxx), Remo
te: IP-Address
PP IP Address Local: xxx.xxx.xxx.xxx, Remote: xxx.xxx.xxx.xxx
CCP: None

pingを打ってみる。

# ping 8.8.8.8
received from 8.8.8.8: icmp_seq=1 ttl=47 time=56.253ms
received from 8.8.8.8: icmp_seq=2 ttl=47 time=47.024ms
received from 8.8.8.8: icmp_seq=3 ttl=47 time=50.333ms
4 packets transmitted, 3 packets received, 25.0% packet loss
round-trip min/avg/max = 47.024/51.203/56.253 ms
# ping www.google.co.jp
received from nrt04s07-in-f24.1e100.net (173.194.126.216): icmp_seq=0 ttl=53 time=22.926ms
received from nrt04s07-in-f24.1e100.net (173.194.126.216): icmp_seq=1 ttl=53 time=24.834ms
received from nrt04s07-in-f24.1e100.net (173.194.126.216): icmp_seq=2 ttl=53 time=22.070ms
3 packets transmitted, 3 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max = 22.070/23.276/24.834 ms

当然ですが、この段階ではNATディスクリプタを記述していないのでRTX1200にぶら下がっている機器からはインターネットにpingを打つことはできません。

Mac OS Xでプログラミングしたい

Macで純粋にGUIプログラミングがしたくて調べてる。
WindowsGUIプログラミングしたい時と同じで、そのものズバリのものが少ない。
調べるとiOSとかスマートフォン系の記事がすごく多くヒットするんだけど、
Mac自体でのGUIプログラミングがなかなかみつからない。

何気に調べてたら知り合いが@ITで記事を書かれてた。
出世してるなあ。

Macのzshでawscliの補完を有効化する

最近、ローカルのラップトップマシンは順次、zshに乗り換え始めたんだけど、
Bashと同じノリでawscliの補完を有効化しようとして

complete -C aws_completer aws

としてsourceしたらエラーになってしまった。

/Users/noguchiwataru/.zshrc:13: command not found: complete

zshに関しては aws_zsh_completer.sh というのを読み込むらしいので、
findで探してみたらパスが通っているところにあった

% find / -name aws_zsh_completer.sh 2>/dev/null
/usr/local/bin/aws_zsh_completer.sh

なので

# ~/.zshrc
export AWS_ACCESS_KEY_ID=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY
export AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1
aws_zsh_completer.sh

.zshrc に書いてsourceすればOKかな?

[noguchiwataru@Macintosh] ~
% source ~/.zshrc
/usr/local/bin/aws_zsh_completer.sh: line 18: autoload: command not found
/usr/local/bin/aws_zsh_completer.sh: line 19: compinit: command not found
/usr/local/bin/aws_zsh_completer.sh: line 20: bashcompinit: command not found

だめだった。。。
よくよく考えたらzshシェルスクリプト内で別シェルとしてさらにスクリプト実行したら意味が無いので、
ここでは aws_zsh_completer.sh をsourceするのが正しいですよね。

# ~/.zshrc
export AWS_ACCESS_KEY_ID=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY
export AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1
source aws_zsh_completer.sh

今度はエラーでなかったけど、あれ、補完効かないぞ。。。ぼくの幻覚なのかな。。。
でもみんなこの書き方で動いているっぽいし、なんでだろう。

で、よく調べてみたら始めの方に記述していたのがいけなかった。
.zshrc の一番最後の方に書いたらうまく動くようになった。

# ~/.zshrc
# (snip)
export AWS_ACCESS_KEY_ID=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY
export AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1
source /usr/local/bin/aws_zsh_completer.sh
complete -C aws_completer aws
# [EOF]

参考文献

NTPリフレクション関係リンクまとめ

キーワード

monlist, BCP38(イングレスフィルタリング), BCP84(DNSリフレクション)

わかりやすそうな解説

オフィシャル的な

おべんきょ