CentOS6.5にDockerインストールしてみた

Dockerすごく流行ってるらしいから今更ながら手を付けてみた。
Vagrantでバシッときれいな環境用意できるのがほんと手軽でいいね。

今回もこれで簡単に仮想マシン用意できました。

vagrant init chef/centos-6.5
vagrant up

インストール

  • CentOS6.5 x86_64

EPEL有効にする

EPEL – FedoraProject

sudo rpm -ivh http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm

Dockerインストール

  • Docker(1.0.0-6.el6)

  • インストール

sudo yum install docker-io
  • Dockerのサービススタート。
sudo service docker start
Starting cgconfig service:                                 [  OK  ]
Starting docker:                                       [  OK  ]
sudo chkconfig docker on
  • Dockerがちゃんと動いていることを確認するために最新版のCentOSイメージを取得する。
[vagrant@localhost ~]$ sudo docker pull centos:latest
Pulling repository centos
1a7dc42f78ba: Download complete
511136ea3c5a: Download complete
34e94e67e63a: Download complete
  • 取得が完了したらCentOSのイメージの一覧が以下のコマンドでリストに表示されることを確認する。
[vagrant@localhost ~]$ sudo docker images centos
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             VIRTUAL SIZE
centos              latest              1a7dc42f78ba        7 days ago          236.4 MB
  • イメージのテストをするためにbashを立ち上げてみよう。
sudo docker run -i -t centos /bin/bash

ちなみに -i はアタッチされていなくても標準入力を開いたままにしておくオプション。
-t は擬似端末(pseudo-tty)を割り当てることを意味する。
あいかわらずもやもやしている。

  -i, --interactive=false    Keep stdin open even if not attached
-t, --tty=false            Allocate a pseudo-tty

で、結果が以下。

[vagrant@localhost ~]$ sudo docker run -i -t centos /bin/bash
bash-4.2#

うん、プロンプト表示された。

実験

このままじゃ面白く無いからMySQL(クライアント)入れてみる。

bash-4.2# yum -y install mysql

当然ながらホストには全く影響がない。

[vagrant@localhost ~]$ mysql
-bash: mysql: コマンドが見つかりません
[vagrant@localhost ~]$ sudo -i
[root@localhost ~]# mysql
-bash: mysql: コマンドが見つかりません

本当はMySQLサーバ入れてみたかったんだけど、コンテナの中で

yum -y install mysql-server

すると「そんなのねぇ!」って怒られる。

mysql-server がどのリポジトリに入っているのか調べると updates リポジトリに入っていることが分かる。

[root@localhost ~]# yum info mysql-server
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: centos.mirror.secureax.com
* epel: ftp.jaist.ac.jp
* extras: centos.mirror.secureax.com
* updates: centosv4.centos.org
Available Packages
Name        : mysql-server
Arch        : x86_64
Version     : 5.1.73
Release     : 3.el6_5
Size        : 8.6 M
Repo        : updates
Summary     : The MySQL server and related files
URL         : http://www.mysql.com
License     : GPLv2 with exceptions
Description : MySQL is a multi-user, multi-threaded SQL database server. MySQL is a
: client/server implementation consisting of a server daemon (mysqld)
: and many different client programs and libraries. This package contains
: the MySQL server and some accompanying files and directories.

ホスト側をupdatesでgrepするとヒットする。

[root@localhost ~]# cat /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo | grep updates
# geographically close to the client.  You should use this for CentOS updates
#released updates
[updates]
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/

コンテナ内でgrepしてもヒットする。

bash-4.2# cat /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo | grep updates
# geographically close to the client.  You should use this for CentOS updates
#released updates
[updates]
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/

うーん。なんで?

決定的違いを発見。

  • ホスト
[root@localhost ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.5 (Final)
  • コンテナ
bash-4.2# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.0.1406 (Core)

なんじゃこりゃ。

コンテナではmariadbとか出てたし、CentOS7になってなんか変わったのだろうか。
追って色々調べよう。

とりあえず開発パッケージとか入れたりしてホストとコンテナの間で影響が無いことを確認して終了。

  • docker ps コマンドを発行してみる。

-a オプションは終了したコンテナ環境も一覧表示してくれる。

[vagrant@localhost ~]$ sudo docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS                     PORTS               NAMES
59d7660a51a8        centos:latest       /bin/bash           33 minutes ago      Exited (0) 3 minutes ago                       clever_nobel

さっきのあるね。アタッチしてみよう。

[vagrant@localhost ~]$ sudo docker attach 59d7660a51a8
2014/07/16 14:30:54 You cannot attach to a stopped container, start it first

停止したコンテナはアタッチできないって言われた。では開始しよう。

[vagrant@localhost ~]$ sudo docker start 59d7660a51a8
59d7660a51a8

docker ps してみる。

[vagrant@localhost ~]$ sudo docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES
59d7660a51a8        centos:latest       /bin/bash           42 minutes ago      Up 25 seconds                           clever_nobel

おお動いてる。アタッチする。

[vagrant@localhost ~]$ sudo docker attach 59d7660a51a8
bash-4.2# which gcc
/usr/bin/gcc
bash-4.2#

ちゃんと環境復元できてる!そして exit したら

[vagrant@localhost ~]$ sudo docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES

でもコンテナは削除してないから

[vagrant@localhost ~]$ sudo docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS                     PORTS               NAMES
59d7660a51a8        centos:latest       /bin/bash           43 minutes ago      Exited (0) 4 seconds ago                       clever_nobel

残ってる。
やばいおもしろい。

References

  1. CentOS 6.5 で Docker を使ってみる | CUBE SUGAR STORAGE
  2. CentOS – Docker Documentation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です