海外から2段階認証の SMS が届かなくて困っている docomo ユーザーへ

Xperia Z のときも同様だったけど、iPhone 6 を新規に契約した時も同様の現象が発生したのでメモ。
最近はデフォルトで海外からの SMS を拒否するようになったらしい。
前は大丈夫だったのにひどい仕様だ。
該当のスマートフォンで以下をダイヤルします。

#141#

これやらないと、知ってる限り以下のサービスは軒並み SMS を受け取ることができません。

まあ、Google Authenticator 等のワンタイムパスワード生成アプリを使えば良い話なんですけどね。

References

  1. SMS(ショートメッセージサービス) | サービス・機能 | NTTドコモ

近いうちに AWS CLIコマンドで生成されるファイルは ~/.aws/config から ~/.aws/credentials に統合されるというお話

Route53 を DSL で管理する Roadworker は便利だからよく使っていたのですが、 AWS CLI 生成した ~/.aws/config を読み込んでくれなくてちょっと不便だなって思っていたのですが、 Roadworker で ~/.aws/config 読み込まないのはなんで?って質問したら

Want to read from AWS credentials from awscli generated config file · Issue #6 · winebarrel/roadworker

どうやら AWS SDK では ~/.aws/credentials を読み込むのが最近のトレンドのようだったのです。

A New and Standardized Way to Manage Credentials in the AWS SDKs – AWS Security Blog

確かに aws cli のドキュメント調べたらまずはじめに ~/.aws/credentials がないか調べますって書いてあって、だがしかし、 aws configure コマンドは ~/.aws/config ファイルを生成して、なんでかなあって不思議に思ってたんですよね。

Configuring the AWS Command Line Interface – AWS Command Line Interface

親切にも指定したクレデンシャルファイルを読み込むオプションをつけて実装してくださいました。
フィードバック速い!

で、肝心の AWS CLI に質問したら即効で答え返ってきました。
もうその議論はなされていてレビュー通ったらマージされて、リリースされるよって教えてくれました。
僕のすごいへたくそな英語にも親切に答えてくれる。
それなりに通じてるんだろうか・・・。あなたがチュキだからーみたいな感じになってないといいな。

aws configure may have to generate ~/.aws/credentials instead ~/.aws/config · Issue #918 · aws/aws-cli

楽しみだなあ。
issue を登録するだけで contribution graph に色が塗られるのは気持ちいいけど、コード的なコミットもしたいなあ。

いかにも貢献していますって感じでかっこいいじゃないですか。

ちなみに今の AWS CLI のバージョンは 1.4.4 です。
リリースされたらアップグレードしましょう。

pip install --upgrade awscli

あと、Roadworker はとってもオススメです。もっと Star ついてもいいと思う。
僕の尊敬している伊藤直也さんも使ってるので最高です。
いつか直也さんみたいなすごいエンジニアになりたい。

以上、半分以上僕の日記帳でした。

Dropboxのスクリーンショット共有機能はファイルを全世界に公開する(Mac編)

若干釣り気味なタイトルですが、正確にはDropboxスクリーンショット共有機能を無効にして、
Macスクリーンショットの保存先をDropboxスクリーンショットフォルダに変更するまでの方法です。

すぐにDropboxスクリーンショットを同期してくれる結構便利なこの機能、実はよく読まないと落とし穴があります。
当たり前過ぎる事実に気付くのが遅れましたが、取得したスクリーンショットDropboxに同期されるのはいいのですが、
スクリーンショットはすべからく誰からでも見れるように共有URLを生成して共有してしまう機能なのです。

同期してくれるだけではない。ダイナミックに全世界に公開してしまいます。

こんなのは望んでいないのでDropboxスクリーンショットフォルダに保存するだけの
オプションがないか確認しましたが、ないようです。

まず、問答無用で共有されるこの機能をオフにする。

下図のように基本設定を選ぶ。

f:id:wnoguchi0727:20140915212532p:plain

そして以下のチェックを外す。

f:id:wnoguchi0727:20140915212550p:plain

当然スクリーンショットはデスクトップに保存されるようになります。
これを前のようにDropboxに同期されるフォルダに保存されるようにしたい。
Mac OS X 10.9.4 Mavericks で確認しました。

ターミナルを立ち上げて以下を入力します。

defaults write com.apple.screencapture location ~/Dropbox/スクリーンショット/
killall SystemUIServer

そして、今までリンクが共有されっぱなしになってしまっているやつは以下からしこしこ消していきます。

リンク – Dropbox

f:id:wnoguchi0727:20140915212704p:plain

何百枚と知らずに共有してしまった人はひたすら消すしかありません。
なんかAPIないのかなと調べてみたけど、見当たりませんでした。
あったら教えて下さい。。。

これでスクリーンショットの共有はなくなり、Dropboxへの瞬時同期も実現されるようになりました。
消えて困る情報は DropboxEvernote を使うことが多くなりましたね。
今まで手動でDVDに焼いたり、USBに保存したり、NASに保存していたのが懐かしくなります。
まあでも、個人情報系は手元に置いておきたい心理もあるっちゃありますが・・・。

References

  1. Macのスクリーンキャプチャ機能で撮影した画像の保存場所を変更する裏技 / Inforati
  2. DropBoxのスクリーンショットの共有を停止する | 今日覚えたことの覚え書き
  3. ファイルへのリンクを削除するには – Dropbox