Mac のスクリーンショット保存先を Dropbox のフォルダにした

Macスクリーンショットはデフォルトでデスクトップに保存されます。
Dropbox を使っていると、スクリーンショット撮ったら Dropbox フォルダに保存して即座にバックアップしたいと思うわけです。
しかしみなさん、 Dropbox の標準機能のスクリーンショット共有機能は使ってはいけません。

f:id:wnoguchi0727:20150412203739p:plain

これは Dropbox に保存してはくれますが、勝手に全世界から見えるようにまでしてくれる余計な機能を搭載しています。

blog.pg1x.com

なので、Mac 側で Dropbox のフォルダを指定してそこに保存するやり方がないか調べました。
~/Dropbox/Screenshot/Mac/ に保存したいとした時はターミナルを開いて

defaults write com.apple.screencapture location ~/Dropbox/Screenshot/Mac/

と叩きます。そして UIサーバ再起動。

killall SystemUIServer

これで勝手に共有されることなく Dropbox に同期することができました。
めでたしめでたし。

References

  1. Macのスクリーンキャプチャ機能で撮影した画像の保存場所を変更する裏技 / Inforati

Wataru NOGUCHI について

Server and Network Engineer, Software Engineer.
カテゴリー: Dropbox, Mac, スクリーンショット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です