CentOS 7.2.1511 に yum-cron 入れた

yum -y install yum-cron
systemctl start yum-cron
systemctl enable yum-cron

設定ファイル /etc/yum/yum-cron.conf はこれぐらいにしておけば OK 。

CentOS 6 時代は yum-cron を入れたら問答無用でアップデートを適用して再起動が必要だっら再起動する凶悪な仕様だったが、CentOS 7 の yum-cron はダウンロードするのみで止まるようだ。

僕は更新があったらメールを送るようにした。

apply_updates = no

#(snip)

[email]
# The address to send email messages from.
email_from = root@smtp.example.com

# List of addresses to send messages to.
email_to = username@example.com

# Name of the host to connect to to send email messages.
email_host = localhost

Wataru NOGUCHI について

Server and Network Engineer, Software Engineer.
カテゴリー: CentOS, CentOS7 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です