Adobe CC (Creative Cloud) の Photoshop でモザイクかける

スクショをとった画像に外に公開するときは見せたくない部分にモザイクかけることってよくありますよね。
いや、それぐらいなら Skitch やら Screenpresso 使えよって話ですけどね。
Adobe CC サブスクリプション使ってる身としては活用せねば金を溝に捨ててるのと同じなわけです。
最近クライアントソフトウェア販売手法でも大流行中のサブスクリプション商法。
MSDN はいわずもがな Adobe も JetBrains も Office365 もサブスクリプション。
クラウド時代の宿命。
ほんとえげつない商売ですねえ。
売る側としては笑いが止まらんでしょうな。

さて本題に入ると

作業環境は Mac を想定。でも基本的な使い方を誤らなければ OK 。

選択ツールでモザイクかけたい範囲をドラッグアンドドロップで選択します。
複数の領域を選択したい場合は Shift 押しながらやってください。

そうしたら、メニューから [フィルター] -> [ピクセレート] -> [モザイク] を選択します。

ScreenShot 2016-05-15 21.48.26

出てきたダイアログでモザイクのピクセルの粗さを指定して OK すればこれで完了。

ScreenShot 2016-05-15 21.50.19

以上です。

Cookie が無効になっていて MediaWiki にログインできないって言われた件

結論

セッションディレクトリが書込みできませんでした。

エラーメッセージ

ログインのエラー 
example wikiではログインに Cookie を使用します。 Cookie を無効にしているようです。 Cookie を有効にしてから、もう一度試してください。

当方の環境

  • さくらのVPS
  • CentOS7.2.1511 x86_64
  • Nginx + php-fpm
  • PHP 5.4

調べたこと

  • ログにも大したこと書いてない。
  • Cookie は無効になってない。
  • シークレットモードでやってみたけど同じ。
  • Cookie 消してみたけど変わらない。
  • パスワード再発行しても同じ。
  • ブラウザ変えてみたけど同じ。

ぐぐって調べてみるとセッションのディレクトリが書き込みできませんでした、てへ♪的なスレッドが見つかった。

なるほどな。

phpinfo() 出力させてセッション格納ディレクトリを調べる。

session.save_path = /var/lib/php/session

ディレクトリのパーミッションを確認。

[root@mx1 mediawiki]# ls -l /var/lib/php/
合計 4
drwxrwx--- 2 root apache 4096  5月 12 22:49 session
[root@mx1 mediawiki]# ls -l /var/lib/php/session/
合計 64
-rw------- 1 nginx nginx 3436  3月 13 12:10 sess_29ih6fgffffffffff9ee024fa7
(snip)
-rw------- 1 nginx nginx   53  3月 19 07:57 sess_tpih6fgfffffork4bvffmff625

なんでグループが apache やねん!
そりゃ書き込めないはずだわ。
最近流行りに乗って Nginx 使ってるので Apache は使っていない。
ファイル自身は nginx 所有者で大丈夫っぽいな。
Ansible でメールサーバー構築する Playbook 開発してたからそれが原因かな。
念のため nginx と php-fpm の実行ユーザを確認する。

[root@mx1 mediawiki]# vim /etc/nginx/nginx.conf
[root@mx1 mediawiki]# vim /etc/php-fpm.d/www.conf
[root@mx1 mediawiki]# id nginx
uid=995(nginx) gid=993(nginx) groups=993(nginx)

対策実施

ディレクトリのグループを nginx に変更する。

[root@mx1 mediawiki]# chown root:nginx /var/lib/php/session
[root@mx1 mediawiki]# ls -l /var/lib/php/
合計 4
drwxrwx--- 2 root nginx 4096  5月 12 22:49 session

用が済んだら phpinfo のファイルは削除する。

[root@mx1 mediawiki]# rm -f phpinfo.php

これでちゃんとろぐいんできるようになりましたとさ。
めでたしめでたし。

参考リンク

  1. [RESOLVED] Cannot Login or Register. Enable Cookies on Project:Support desk
  2. Help:ログイン – MediaWiki

Ubuntu に open-vm-tools を入れる(VMware Workstation)

VMware Tools 入れようと思ったら open-vm-tools 入れろって言われた。
VMware Tools のオープンソース実装らしい。
だったら VMware Tools の tarball 展開する前に言えって思ったけど、入れてみる。

URL に飛んでみたらダウンロードページらしきものが見当たらないので apt を検索してみたらあった。
それを入れる。
Linux 系は gcc やら他のものいろいろ入れないといけないので、コンパイル済みのバイナリを提供しているらしい。
デスクトップ環境なら -desktop を、 Server 環境の場合は無印(CLI版)を入れる。

sudo apt-get -y install open-vm-tools-desktop
  1. vmware/open-vm-tools: Official repository of VMware open-vm-tools project
  2. Linux仮想マシンでVMware Toolsではなくopen-vm-toolsを使う | 仮想(VMware & Hyper-V)/クラウド・エンジニア技術ブログ
  3. open-vm-tools – Google 検索

GNOME のディレクトリ名を日本語から英語に直す

もう何回同じこと検索しているのかわからないので記す。
RedHad 系(RHEL, Fedora, CentOS)、 Ubuntu であろうがなかろうが GTK 使ってるディスプレイマネージャはこの方法で修正できる。


LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

特に日本語ディレクトリ名にしょっちゅう里心がつく人でなければ二度と聞くなチェックボックスにチェックを入れる。
これで完了。

ホームディレクトリのフォルダ名を日本語から英語に変更するには - @IT

Ubuntu Server 14.04 LTS から 16.04 LTS にアップグレードした

最初はプレーンな Jenkins しか入っていないからクリーンインストールしたかったんだけど、
サーバマシンが古すぎるからなのか 16.04 のインストールイメージは NIC を認識しない。
ドライバを探してきて入れるのがだるいのでアップグレードすることに決めた。

まず以下のアップグレードマネージャを入れる。

$ sudo apt-get install update-manager-core

ここで一つ注意。

sudo vim /etc/update-manager/release-upgrades

Prompt=normal にする必要がある。

# Default behavior for the release upgrader.

[DEFAULT]
# Default prompting behavior, valid options:
#
#  never  - Never check for a new release.
#  normal - Check to see if a new release is available.  If more than one new
#           release is found, the release upgrader will attempt to upgrade to
#           the release that immediately succeeds the currently-running
#           release.
#  lts    - Check to see if a new LTS release is available.  The upgrader
#           will attempt to upgrade to the first LTS release available after
#           the currently-running one.  Note that this option should not be
#           used if the currently-running release is not itself an LTS
#           release, since in that case the upgrader won't be able to
#           determine if a newer release is available.
#Prompt=lts
Prompt=normal
wnoguchi@phy2:~$ sudo do-release-upgrade
Checking for a new Ubuntu release
Get:1 Upgrade tool signature [198 B]
Get:2 Upgrade tool [1230 kB]
Fetched 1230 kB in 0s (0 B/s)
authenticate 'wily.tar.gz' against 'wily.tar.gz.gpg'
extracting 'wily.tar.gz'
[screen is terminating]

Reading cache

Checking package manager

Continue running under SSH?

This session appears to be running under ssh. It is not recommended
to perform a upgrade over ssh currently because in case of failure it
is harder to recover.

If you continue, an additional ssh daemon will be started at port
'1022'.
Do you want to continue?

Continue [yN] N
=== Command terminated with exit status 1 (Thu May  5 13:20:06 2016) ===

まあ、 screen が立ち上がっているようなので、大丈夫みたいだが。

Ign http://us.archive.ubuntu.com trusty/main Translation-en_US
Ign http://us.archive.ubuntu.com trusty/multiverse Translation-en_US
Ign http://us.archive.ubuntu.com trusty/restricted Translation-en_US
Ign http://us.archive.ubuntu.com trusty/universe Translation-en_US
Fetched 5,083 kB in 6s (13.6 MB/s)
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
Building data structures... Done

Updating repository information

Third party sources disabled

Some third party entries in your sources.list were disabled. You can
re-enable them after the upgrade with the 'software-properties' tool
or your package manager.

To continue please press [ENTER]

(snip)

Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
Building data structures... Done

Calculating the changes

Calculating the changes

Do you want to start the upgrade?


1 installed package is no longer supported by Canonical. You can
still get support from the community.

6 packages are going to be removed. 131 new packages are going to be
installed. 411 packages are going to be upgraded.

You have to download a total of 317 M. This download will take about
3 minutes with your connection.

Installing the upgrade can take several hours. Once the download has
finished, the process cannot be canceled.

 Continue [yN]  Details [d]y

ちょっと時間がかかる。

「libpam, libc, libssl とかのパッケージのインストール中はいくつかのサービスをリスタートする必要があるけど、なんにも聞かずにリスタートしてもいい?」と聞かれる。

 ┌────────────┤ Configuring libc6 ├──────────────┐
 │                                                                           │
 │ There are services installed on your system which need to be restarted    │
 │ when certain libraries, such as libpam, libc, and libssl, are upgraded.   │
 │ Since these restarts may cause interruptions of service for the system,   │
 │ you will normally be prompted on each upgrade for the list of services    │
 │ you wish to restart.  You can choose this option to avoid being           │
 │ prompted; instead, all necessary restarts will be done for you            │
 │ automatically so you can avoid being asked questions on each library      │
 │ upgrade.                                                                  │
 │                                                                           │
 │ Restart services during package upgrades without asking?                  │
 │                                                                           │
 │                    <Yes>                       <No>                       │
 │                                                                           │
 └──────────────────────────────────────┘

(snip)
Unpacking psmisc (22.21-2build1) over (22.20-1ubuntu2) ...
Preparing to unpack .../ubuntu-release-upgrader-core_1%3a15.10.14.4_all.deb ...
Unpacking ubuntu-release-upgrader-core (1:15.10.14.4) over (1:0.220.8) ...
Preparing to unpack .../python3-distupgrade_1%3a15.10.14.4_all.deb ...
Unpacking python3-distupgrade (1:15.10.14.4) over (1:0.220.8) ...
Preparing to unpack .../python3-update-manager_1%3a15.10.3_all.deb ...
Unpacking python3-update-manager (1:15.10.3) over (1:0.196.14) ...
Preparing to unpack .../update-manager-core_1%3a15.10.3_all.deb ...
Unpacking update-manager-core (1:15.10.3) over (1:0.196.14) ...
Preparing to unpack .../python3-gi_3.16.2-1build1_amd64.deb ...
Unpacking python3-gi (3.16.2-1build1) over (3.12.0-1ubuntu1) ...
Preparing to unpack .../rsync_3.1.1-3ubuntu0.15.10.1_amd64.deb ...
Unpacking rsync (3.1.1-3ubuntu0.15.10.1) over (3.1.0-2ubuntu0.2) ...
Preparing to unpack .../shared-mime-info_1.3-1_amd64.deb ...
Unpacking shared-mime-info (1.3-1) over (1.2-0ubuntu3) ...
Preparing to unpack .../tcpdump_4.7.4-1ubuntu1_amd64.deb ...
(snip)

いいよー。と答える。
すごく時間がかかる。


(snip)
Setting up command-not-found (0.3ubuntu15.10.1) ...
Installing new version of config file /etc/zsh_command_not_found ...
Setting up plymouth-theme-ubuntu-text (0.9.0-0ubuntu9) ...
update-initramfs: deferring update (trigger activated)
Setting up python3-distupgrade (1:15.10.14.4) ...
Setting up python3-update-manager (1:15.10.3) ...
Setting up ubuntu-release-upgrader-core (1:15.10.14.4) ...

Configuration file '/etc/update-manager/release-upgrades'
 ==> Modified (by you or by a script) since installation.
 ==> Package distributor has shipped an updated version.
   What would you like to do about it ?  Your options are:
    Y or I  : install the package maintainer's version
    N or O  : keep your currently-installed version
      D     : show the differences between the versions
      Z     : start a shell to examine the situation
 The default action is to keep your current version.
*** release-upgrades (Y/I/N/O/D/Z) [default=N] ?N

パッケージのメンテナからのリリースのディストリバージョンに上げるかどうか聞かれる。
LTS から変えたくないので N と答える。


Remove obsolete packages?


25 packages are going to be removed.

 Continue [yN]  Details [d]y
Fetched 0 B in 0s (0 B/s)

(snip)

Processing triggers for man-db (2.7.4-1) ...
Processing triggers for libc-bin (2.21-0ubuntu4.1) ...

System upgrade is complete.

Restart required

To finish the upgrade, a restart is required.
If you select 'y' the system will be restarted.

Continue [yN] y

システム再起動しろやと出るので再起動する。
なんか途中で 15.10 とかプロンプト出たんだけど大丈夫かな、心配だなあ・・・・。
16.04 にしたかったんだけど・・・。
英語読み間違えたか?


➜  ~ ssh phy2
Welcome to Ubuntu 15.10 (GNU/Linux 4.2.0-35-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/

  System information as of Thu May  5 14:40:07 JST 2016

  System load:  1.76             Processes:           174
  Usage of /:   8.0% of 1.78TB   Users logged in:     0
  Memory usage: 5%               IP address for eth0: 172.16.216.2
  Swap usage:   0%               IP address for p7p1: 172.17.1.1

  Graph this data and manage this system at:
    https://landscape.canonical.com/

Last login: Thu May  5 13:22:30 2016
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo ".
See "man sudo_root" for details.

あかん、、、

Normal なの確認してもう一発あげる。


wnoguchi@phy2:~$ sudo vim /etc/update-manager/release-upgrades
wnoguchi@phy2:~$ sudo do-release-upgrade

うまくいった。