Linux (Ubuntu)で標準のエディタを設定する

2 つある。

この仕様を考えたのは誰だあ。

visudo とか git commit のメッセージ編集では主に update-alternatives
crontabselect-editor で設定する必要がある。

wnoguchi@serial:~$ sudo crontab -e
no crontab for root - using an empty one

Select an editor.  To change later, run 'select-editor'.
  1. /bin/nano        <---- easiest
  2. /usr/bin/vim.basic
  3. /usr/bin/vim.tiny
  4. /usr/bin/emacs25
  5. /bin/ed

Choose 1-5 [1]: ^C
No modification made
wnoguchi@serial:~$ sudo update-alternatives --config editor
alternative editor (/usr/bin/editor を提供) には 5 個の選択肢があります。

  選択肢    パス              優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /bin/nano            40        自動モード
  1            /bin/ed             -100       手動モード
  2            /bin/nano            40        手動モード
  3            /usr/bin/emacs25     0         手動モード
  4            /usr/bin/vim.basic   30        手動モード
  5            /usr/bin/vim.tiny    15        手動モード

現在の選択 [*] を保持するには <Enter>、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 4
update-alternatives: /usr/bin/editor (editor) を提供するためにマニュアルモードで /usr/bin/vim.basic を使います
wnoguchi@serial:~$ select-editor
touch: '/home/wnoguchi/.selected_editor' に touch できません: 許可がありません
wnoguchi@serial:~$ sudo select-editor

Select an editor.  To change later, run 'select-editor'.
  1. /bin/nano        <---- easiest
  2. /usr/bin/vim.basic
  3. /usr/bin/vim.tiny
  4. /usr/bin/emacs25
  5. /bin/ed

Choose 1-5 [1]: 2