Mac OS X Mavericksでawscliをインストールする

家で余ってたMBAのセットアップ。
ついでに jq もインストールする。
以前は環境変数の設定周りがごちゃごちゃしてた気がするんだよな・・・。

前提条件

  • デフォルトのpythonは無視したい(homebrewで入れる)
  • zsh
  • /etc/paths を少しいじってる(/usr/local/bin/python が使われるようにして
    る)

インストール

意外とあっさり入った。

brew install python
pip install awscli
brew install jq

デフォルトで入っているpythonとのバージョン比較(3014/07/29現在)

[noguchiwataru@noguchiwataru-no-MacBook-Air] ~
% python --version
Python 2.7.8
[noguchiwataru@noguchiwataru-no-MacBook-Air] ~
% /usr/bin/python --version
Python 2.7.5

設定

アクセストークンはIAMから発行すること。
間違ってもAWSアカウント直で発行しないこと。死ぬ。
また、出力フォーマットはjqで整形できるのでJSONが望ましい。

% aws configure
AWS Access Key ID [None]: your_access_key_id
AWS Secret Access Key [None]: your_secret_access_key
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: json

以下のようにすると設定ファイルが作成されていることがわかる。

% ls -F ~/.aws/
config

中身はこんな感じ。

[default]
output = json
region = ap-northeast-1
aws_access_key_id = your_access_key_id
aws_secret_access_key = your_secret_access_key

動作確認

次のコマンドが動作すればOK。

% aws ec2 describe-instances | jq '.'

補完機能を有効にする

zsh

一番最後の行に以下の1行を入れる。
一番最後じゃないと動かなかった気がする。
たぶんデフォルトでパスが通っている場所においてあると思う。

# ~/.zshrc
# (snip)
source aws_zsh_completer.sh

source ~/.zshrc

bash

~/.bashrc じゃだめなので注意。

# ~/.bash_profile
complete -C aws_completer aws

source ~/.bash_profile

References

  1. Configuring the AWS Command Line Interface
  2. Macのzshでawscliの補完を有効化する – 戦場のプログラマー

WiresharkをMac OS X Mavericks(10.9.4)に入れる

ここからダウンロードしてインストール。

Wireshark · Download

しかし!

f:id:wnoguchi0727:20140708231314p:plain

X11を入れろと言われてしまいました。そして飛んだ先が以下。

About X11 and OS X

X11 is no longer included with OS X, but X11 server and client libraries for OS X are available from the XQuartz project: http://xquartz.macosforge.org. You should use the latest available version of XQuartz.

X11はもうOS Xには含まれない予定だよ、代わりにXQuartzを使ってね的なやる気のないメッセージが書きなぐられています。

ぐぐる

MacOSX – Mac OS X MavericksでWiresharkを使う&Wiresharkフィルタサンプル – Qiita

そして公式サイトに飛び、

XQuartz

ここでダウンロード、インストールまですませました。

ログアウトするか再起動してね的なダイアログが表示されるので従います。
再起動しました。

f:id:wnoguchi0727:20140708231345p:plain

そしてWiresharkを起動・・・できなかった。
X11どこよ?」的なダイアログが出てきてしまいました。知らんがな・・・。
XQuartzインストールしたのにどこにも見当たらない。

f:id:wnoguchi0727:20140708231420p:plain

さらにぐぐる

How to get Wireshark to work in OS X Mavericks | tekcert.com

ありましたー!ユーティリティの下にありましたー!

f:id:wnoguchi0727:20140708231441p:plain

でもGUIが表示されない。なぜ・・・。
上に書いてありました。

いったんターミナルを立ち上げて

% /Applications/Wireshark.app/Contents/MacOS/Wireshark
2014-07-07 23:30:10.849 defaults[933:507]
The domain/default pair of (kCFPreferencesAnyApplication, AppleAquaColorVariant) does not exist
2014-07-07 23:30:10.857 defaults[934:507]
The domain/default pair of (kCFPreferencesAnyApplication, AppleHighlightColor) does not exist
(process:916): Gtk-WARNING **: Locale not supported by C library.
Using the fallback 'C' locale.
(wireshark-bin:916): Gtk-WARNING **: Unable to locate theme engine in module_path: "clearlooks",
Fontconfig warning: ignoring sjis.UTF-8: not a valid language tag

とするとGUIがお目見え。
これ以降はわざわざターミナル立ち上げなくてもGUIが立ち上がるようになりました。

f:id:wnoguchi0727:20140708231519p:plain

References

  1. Wireshark · Download
  2. About X11 and OS X
  3. MacOSX – Mac OS X MavericksでWiresharkを使う&Wiresharkフィルタサンプル – Qiita
  4. XQuartz
  5. How to get Wireshark to work in OS X Mavericks | tekcert.com