平成29年秋 ネットワークスペシャリスト試験受験体験記

昨日は平成29年秋のネットワークスペシャリスト試験を受験してまいりました。
2年以上高度試験を受けていなかったので午前I免除なしで受けました。
丸一日拘束されるのはやっぱ疲れますね。。。
下記に私の中途半端な解答置いておくので、興味ある方はご覧ください。

テーマ

  1. 午前I (共通)
  2. 午前II NW用
  3. 午後I SSL-VPN, VDI導入でのトラフィック変化, クラウド事業者との VPN 接続と OSPF, BGP に関する知識を問う問題
  4. 午後II SDN, 無線LAN環境への移行

解答直リンク

  1. 午前I (共通) IPA 公式 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29_2/2017h29a_koudo_am1_ans.pdf
  2. 午前II NW用 IPA 公式 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29_2/2017h29a_nw_am2_ans.pdf
  3. 午後I iTEC 速報 https://www.itec.co.jp/wp-content/uploads/shiken/2017a/2017a_nw_pm1_kaito.pdf
  4. 午後II iTEC 速報 https://www.itec.co.jp/wp-content/uploads/shiken/2017a/2017a_nw_pm2_kaito.pdf

IPA の公式解答はこちら(午後はまだ)

所感

午前試験

午前試験は過去問対策やってればどちらも解ける問題が多めでした。
応用情報受かる人ならネットワーク部分だけ重点的に過去問復習すれば余裕で突破できると思いました。

午後試験

午後試験で選択した問題は明らかにわからないという内容ではなかったので、受かったらいいなあという気持ちです。
SDN は全然明るくない技術なのと物量的に解ける気がしない内容だったので選択しませんでした。

ネットワークのトポロジや設計のデザインパターンの概要がわかるので、具体的なコンフィグには落とし込めませんが、それなりに有意な試験内容だったと思います。

コラム

ちなみに電話の呼量を表すアーランという単位がありますが、電話網で言語として Erlang (ないし Elixir ) が使われているので、ネーミング的にそういうのが浸透してるのかなと思いました。
あと、一回提出して点数の変化のしようがないのに自己採点して一喜一憂する行為、なんなんですかね。

やっと試験から開放されました。

次は CCIE R&S とりたいです。