平成29年秋 ネットワークスペシャリスト試験受験体験記

昨日は平成29年秋のネットワークスペシャリスト試験を受験してまいりました。
2年以上高度試験を受けていなかったので午前I免除なしで受けました。
丸一日拘束されるのはやっぱ疲れますね。。。
下記に私の中途半端な解答置いておくので、興味ある方はご覧ください。

テーマ

  1. 午前I (共通)
  2. 午前II NW用
  3. 午後I SSL-VPN, VDI導入でのトラフィック変化, クラウド事業者との VPN 接続と OSPF, BGP に関する知識を問う問題
  4. 午後II SDN, 無線LAN環境への移行

解答直リンク

  1. 午前I (共通) IPA 公式 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29_2/2017h29a_koudo_am1_ans.pdf
  2. 午前II NW用 IPA 公式 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29_2/2017h29a_nw_am2_ans.pdf
  3. 午後I iTEC 速報 https://www.itec.co.jp/wp-content/uploads/shiken/2017a/2017a_nw_pm1_kaito.pdf
  4. 午後II iTEC 速報 https://www.itec.co.jp/wp-content/uploads/shiken/2017a/2017a_nw_pm2_kaito.pdf

IPA の公式解答はこちら(午後はまだ)

所感

午前試験

午前試験は過去問対策やってればどちらも解ける問題が多めでした。
応用情報受かる人ならネットワーク部分だけ重点的に過去問復習すれば余裕で突破できると思いました。

午後試験

午後試験で選択した問題は明らかにわからないという内容ではなかったので、受かったらいいなあという気持ちです。
SDN は全然明るくない技術なのと物量的に解ける気がしない内容だったので選択しませんでした。

ネットワークのトポロジや設計のデザインパターンの概要がわかるので、具体的なコンフィグには落とし込めませんが、それなりに有意な試験内容だったと思います。

コラム

ちなみに電話の呼量を表すアーランという単位がありますが、電話網で言語として Erlang (ないし Elixir ) が使われているので、ネーミング的にそういうのが浸透してるのかなと思いました。
あと、一回提出して点数の変化のしようがないのに自己採点して一喜一憂する行為、なんなんですかね。

やっと試験から開放されました。

次は CCIE R&S とりたいです。

OSPF 認証 インターフェイス認証

  1. 対応ページ: pp.222-225
  2. 対応試験: CCNPv2.0 Routing and Switching 300-101J ROUTE
  3. カテゴリ: OSPF
  4. サブカテゴリ: OSPF 認証 インターフェイス認証
  5. IOS: c3725-adventerprisek9-mz.124-15.T14.bin

OSPF認証について

OSPF認証タイプ

  • タイプ0 Null 認証
  • タイプ1 シンプルパスワード認証
  • タイプ2 MD5 認証

ネイバー認証の設定対象

  • インターフェイス
  • エリア
  • 仮想リンク

トポロジ

GNS3 プロジェクトファイルダウンロード

OSPF 認証設定前までやってあります。

GNS3 1.5.x では Windows, Mac 間の portable project のエクスポート、インポートがうまくいかない | | wnoguchi’s diary

Windows

ospf-authentication-interface

Mac

TODO

基本設定

R1

conf t
int f0/0
ip addr 10.0.12.1 255.255.255.0
no shut
!
! OSPF configuration
router ospf 1
router-id 1.1.1.1
network 10.0.0.0 0.255.255.255 area 0
end
wr

R2(ABR)

conf t
int f0/0
ip addr 10.0.12.2 255.255.255.0
no shut
int s0/0
ip addr 10.1.23.2 255.255.255.0
no shut
!
! OSPF configuration
router ospf 1
router-id 2.2.2.2
network 10.0.0.0 0.0.255.255 area 0
network 10.1.0.0 0.0.255.255 area 1
end
wr

R3

conf t
int s0/0
ip addr 10.1.23.3 255.255.255.0
no shut
!
! OSPF configuration
router ospf 1
router-id 3.3.3.3
network 10.0.0.0 0.255.255.255 area 1
end
wr

VPCs

なし

設定前の動作確認

なし

設定

R1

conf t
int f0/0
ip ospf authentication
ip ospf authentication-key CISCO

R2(ABR)

conf t
int f0/0
ip ospf authentication
ip ospf authentication-key CISCO
int s0/0
ip ospf authentication message-digest
ip ospf message-digest-key 1 md5 ROUTE

R3

conf t
int s0/0
ip ospf authentication message-digest
ip ospf message-digest-key 1 md5 ROUTE

検証

インターフェイスで認証が有効になっていることを確認する。

シンプルパスワード認証

R2#sh ip ospf int f0/0
FastEthernet0/0 is up, line protocol is up
  Internet Address 10.0.12.2/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 2.2.2.2, Network Type BROADCAST, Cost: 10
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1
  Designated Router (ID) 2.2.2.2, Interface address 10.0.12.2
  Backup Designated router (ID) 1.1.1.1, Interface address 10.0.12.1
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    oob-resync timeout 40
    Hello due in 00:00:07
  Supports Link-local Signaling (LLS)
  Cisco NSF helper support enabled
  IETF NSF helper support enabled
  Index 1/1, flood queue length 0
  Next 0x0(0)/0x0(0)
  Last flood scan length is 2, maximum is 2
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
    Adjacent with neighbor 1.1.1.1  (Backup Designated Router)
  Suppress hello for 0 neighbor(s)
  Simple password authentication enabled

MD5 認証

R2#sh ip ospf int f0/0
FastEthernet0/0 is up, line protocol is up
  Internet Address 10.0.12.2/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 2.2.2.2, Network Type BROADCAST, Cost: 10
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1
  Designated Router (ID) 2.2.2.2, Interface address 10.0.12.2
  Backup Designated router (ID) 1.1.1.1, Interface address 10.0.12.1
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    oob-resync timeout 40
    Hello due in 00:00:07
  Supports Link-local Signaling (LLS)
  Cisco NSF helper support enabled
  IETF NSF helper support enabled
  Index 1/1, flood queue length 0
  Next 0x0(0)/0x0(0)
  Last flood scan length is 2, maximum is 2
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
    Adjacent with neighbor 1.1.1.1  (Backup Designated Router)
  Suppress hello for 0 neighbor(s)
  Simple password authentication enabled

ネイバーテーブルを確認して所望のネイバーが認識されていることを確認する。

R2#sh ip ospf neighbor

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
1.1.1.1           1   FULL/BDR        00:00:37    10.0.12.1       FastEthernet0/0
3.3.3.3           0   FULL/  -        00:00:33    10.1.23.3       Serial0/0

おことわり

これは「徹底攻略Cisco CCNP Routing & Switching ROUTE教科書[300-101J]対応 徹底攻略シリーズ」に掲載されているサンプルトポロジのコンフィグを自分で考えて、インターフェイスの対応等微妙に変えて GNS3, あるいは VIRL のプロジェクトファイルとしています。
具体的な説明はここではせず、箇条書き程度の自分用のメモ、コンフィグ、実際の出力結果を載せています。
詳細なコンセプトの説明はこのテキストを参照するか、他のサイトをあたることをおすすめします。

追記

コンフィグやトポロジに誤りがありましたら指摘いただけるとうれしいです!

なんでこんなこと書いているか

Cisco の試験に限らないですけど、私の基本的なスタンスを書いてあります。
随時アップデートしていくので興味あったら覗いてみてください。

Cisco の技術者認定試験における私のスタンス | wnoguchi’s diary

参考書紹介

こちらのテキストを使用させていただいております。
いつもありがとうございます。

個人的なおすすめはテキストは紙版と Kindle 版両方買っておいて、ウォークスルー的なテキストの読み込みは
クロスリファレンスが必要なときは紙の本をざっと開くのがおすすめです。
問題集は紙版さえあればいいかなと思ってますが、もしかすると Kindle 版のほうが効率いいのかも。
どうなんだろ。