Linux (Ubuntu)で標準のエディタを設定する

2 つある。

この仕様を考えたのは誰だあ。

visudo とか git commit のメッセージ編集では主に update-alternatives
crontabselect-editor で設定する必要がある。

wnoguchi@serial:~$ sudo crontab -e
no crontab for root - using an empty one

Select an editor.  To change later, run 'select-editor'.
  1. /bin/nano        <---- easiest
  2. /usr/bin/vim.basic
  3. /usr/bin/vim.tiny
  4. /usr/bin/emacs25
  5. /bin/ed

Choose 1-5 [1]: ^C
No modification made
wnoguchi@serial:~$ sudo update-alternatives --config editor
alternative editor (/usr/bin/editor を提供) には 5 個の選択肢があります。

  選択肢    パス              優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /bin/nano            40        自動モード
  1            /bin/ed             -100       手動モード
  2            /bin/nano            40        手動モード
  3            /usr/bin/emacs25     0         手動モード
  4            /usr/bin/vim.basic   30        手動モード
  5            /usr/bin/vim.tiny    15        手動モード

現在の選択 [*] を保持するには <Enter>、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 4
update-alternatives: /usr/bin/editor (editor) を提供するためにマニュアルモードで /usr/bin/vim.basic を使います
wnoguchi@serial:~$ select-editor
touch: '/home/wnoguchi/.selected_editor' に touch できません: 許可がありません
wnoguchi@serial:~$ sudo select-editor

Select an editor.  To change later, run 'select-editor'.
  1. /bin/nano        <---- easiest
  2. /usr/bin/vim.basic
  3. /usr/bin/vim.tiny
  4. /usr/bin/emacs25
  5. /bin/ed

Choose 1-5 [1]: 2

[12/29] Ubuntu 17.10 (Artful Aardvark) Git LFS パッケージリポジトリがみつからないってゆってる

年末にこんなことをやっているのがそもそも良くないのかもしれない。

wnoguchi@serial:~$ sudo apt -y update && sudo apt -y upgrade --auto-remove && sudo systemctl reboot
取得:1 http://security.ubuntu.com/ubuntu artful-security InRelease [78.6 kB]
ヒット:2 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu artful InRelease
無視:3 https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu artful InRelease
取得:4 http://security.ubuntu.com/ubuntu artful-security/main amd64 DEP-11 Metadata [204 B]
取得:5 http://security.ubuntu.com/ubuntu artful-security/universe amd64 DEP-11 Metadata [10.2 kB]
エラー:6 https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu artful Release
  404  Not Found
ヒット:7 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful InRelease
取得:8 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates InRelease [78.6 kB]
取得:9 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-backports InRelease [72.2 kB]
取得:10 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates/main amd64 DEP-11 Metadata [56.6 kB]
取得:11 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates/main DEP-11 64x64 Icons [35.2 kB]
取得:12 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates/universe amd64 DEP-11 Metadata [48.3 kB]
取得:13 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates/universe DEP-11 64x64 Icons [48.4 kB]
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
E: リポジトリ https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu artful Release には Release ファイルがありません。
N: このようなリポジトリから更新を安全に行うことができないので、デフォルトでは更新が無効になっています。
N: リポジトリの作成とユーザ設定の詳細は、apt-secure(8) man ページを参照してください。
wnoguchi@serial:~$ git lfs
git-lfs/2.2.1 (GitHub; linux amd64; go 1.8.1)
Sorry, no usage text found for "git-lfs"

17.10 (Artful Aardvark) なんだけど 404 になってる。
圧倒的な Rails の 404 。

先日 Git LFS 入れたときはそんなことなかったんだけどな。

  1. Missing apt repository for Ubuntu 17.10 Artful · Issue #2702 · git-lfs/git-lfs

同じようなのが 10 月に issue あがっているがどうなんだ。
似たような issue ないか最近探してみたけどない。

俺がインストールした Git LFS は幻だったのか?と思ってヒストリ辿ってみたらインストールした形跡あった。

wnoguchi@serial:~$ curl -s https://packagecloud.io/install/repositories/github/git-lfs/script.deb.sh | sudo bash
Detected operating system as Ubuntu/artful.
Checking for curl...
Detected curl...
Checking for gpg...
Detected gpg...
Running apt-get update... done.
Installing apt-transport-https... done.
Installing /etc/apt/sources.list.d/github_git-lfs.list...done.
Importing packagecloud gpg key... done.
Running apt-get update... done.

The repository is setup! You can now install packages.
wnoguchi@serial:~$ ./updater.sh
ヒット:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful InRelease
ヒット:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates InRelease
ヒット:3 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-backports InRelease
ヒット:4 http://security.ubuntu.com/ubuntu artful-security InRelease
ヒット:5 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu artful InRelease
無視:6 https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu artful InRelease
エラー:7 https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu artful Release
  404  Not Found
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
E: リポジトリ https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu artful Release には Release ファイルがありません。
N: このようなリポジトリから更新を安全に行うことができないので、デフォルトでは更新が無効になっています。
N: リポジトリの作成とユーザ設定の詳細は、apt-secure(8) man ページを参照してください。
  1. Installation · git-lfs/git-lfs Wiki
  2. apt-get updateでエラーが出た(Ubuntu) | Hornet|静岡拠点のWeb、ホームページ制作

とりあえず更新できないのは困るので git lfs はコメントアウトするとかして除外する。

sudo vim /etc/apt/sources.list

見つからねえ

こういうのは *.d ディレクトリがあるって相場が決まってる。

これだ

sudo vim /etc/apt/sources.list.d/github_git-lfs.list

deb https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu/ artful main
deb-src https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu/ artful main
↓
#deb https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu/ artful main
#deb-src https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu/ artful main

とりあえず除外してうまくいった。

wnoguchi@serial:~$ sudo apt -y update && sudo apt -y upgrade --auto-remove && sudo systemctl reboot
ヒット:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful InRelease
ヒット:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates InRelease
ヒット:3 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-backports InRelease
ヒット:4 http://security.ubuntu.com/ubuntu artful-security InRelease
ヒット:5 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu artful InRelease
無視:6 https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu artful InRelease
エラー:7 https://packagecloud.io/github/git-lfs/ubuntu artful Release
  404  Not Found
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
アップグレードできるパッケージが 5 個あります。表示するには 'apt list --upgradable' を実行してください。
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレードパッケージを検出しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libpcre2-8-0
以下のパッケージはアップグレードされます:
  firefox firefox-locale-en firefox-locale-ja git git-man
アップグレード: 5 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
51.6 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 4,865 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful/universe amd64 libpcre2-8-0 amd64 10.22-3 [165 kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates/main amd64 firefox amd64 57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1 [44.1 MB]
取得:3 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu artful/main amd64 git amd64 1:2.15.1-1~ppa0~ubuntu17.10.1 [4,570 kB]
取得:4 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates/main amd64 firefox-locale-en amd64 57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1 [692 kB]
取得:5 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu artful-updates/main amd64 firefox-locale-ja amd64 57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1 [482 kB]
取得:6 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu artful/main amd64 git-man all 1:2.15.1-1~ppa0~ubuntu17.10.1 [1,514 kB]
51.6 MB を 22秒 で取得しました (2,280 kB/s)
(データベースを読み込んでいます ... 現在 173754 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
.../0-git_1%3a2.15.1-1~ppa0~ubuntu17.10.1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
git (1:2.15.1-1~ppa0~ubuntu17.10.1) で (1:2.14.1-1ubuntu4 に) 上書き展開しています ...
.../1-git-man_1%3a2.15.1-1~ppa0~ubuntu17.10.1_all.deb を展開する準備をしています ...
git-man (1:2.15.1-1~ppa0~ubuntu17.10.1) で (1:2.14.1-1ubuntu4 に) 上書き展開しています ...
以前に未選択のパッケージ libpcre2-8-0:amd64 を選択しています。
.../2-libpcre2-8-0_10.22-3_amd64.deb を展開する準備をしています ...
libpcre2-8-0:amd64 (10.22-3) を展開しています...
.../3-firefox_57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
firefox (57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1) で (57.0.1+build2-0ubuntu0.17.10.1 に) 上書き展開しています ...
.../4-firefox-locale-en_57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
firefox-locale-en (57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1) で (57.0.1+build2-0ubuntu0.17.10.1 に) 上書き展開しています ...
.../5-firefox-locale-ja_57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
firefox-locale-ja (57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1) で (57.0.1+build2-0ubuntu0.17.10.1 に) 上書き展開しています ...
git-man (1:2.15.1-1~ppa0~ubuntu17.10.1) を設定しています ...
firefox-locale-ja (57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1) を設定しています ...
firefox-locale-en (57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1) を設定しています ...
mime-support (3.60ubuntu1) のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils (0.23-1ubuntu3) のトリガを処理しています ...
libc-bin (2.26-0ubuntu2) のトリガを処理しています ...
firefox (57.0.3+build1-0ubuntu0.17.10.1) を設定しています ...
Please restart all running instances of firefox, or you will experience problems.
man-db (2.7.6.1-2) のトリガを処理しています ...
gnome-menus (3.13.3-6ubuntu5) のトリガを処理しています ...
libpcre2-8-0:amd64 (10.22-3) を設定しています ...
hicolor-icon-theme (0.17-1) のトリガを処理しています ...
git (1:2.15.1-1~ppa0~ubuntu17.10.1) を設定しています ...
libc-bin (2.26-0ubuntu2) のトリガを処理しています ...

根本的に何かが解決したわけじゃないが、時間おいて見に行けばなんとかなるのではないだろうか。
LTS じゃないしこんなことは日常茶飯事だろう。

ここでブーブー文句垂れていても何も解決しないし世間様に何も貢献していない気がするのですこし考え直して GitHub の Issue 起こしておいた。

Ubuntu 17.10 artful repository not found. · Issue #2804 · git-lfs/git-lfs

Ubuntu 16.04 LTS に open-vm-tools をインストールする(VMware Workstation)

VMware Workstation に VMware Tools をいつものようにインストールしようとしたら今は open-vm-tools 入れるのが普通やで?あんちゃん正気か?というメッセージが出てきた。

wnoguchi@pgubuntu1604:~/vmware-tools-distrib$ sudo ./vmware-install.pl 
[sudo] wnoguchi のパスワード: 
open-vm-tools are available from the OS vendor and VMware recommends using 
open-vm-tools. See http://kb.vmware.com/kb/2073803 for more information.
Do you still want to proceed with this legacy installer? [no] no

前から open-vm-tools を入れるのが最近のトレンドと知ってはいたが、何度目かこう聞かれたので簡単な手順をメモ。
URL だけ書いてあってどうやってインストールするとか書いてなかったから、open とかいうぐらいだからどうせパッケージとしてあるだろうと思って検索したらあった。

wnoguchi@pgubuntu1604:~/vmware-tools-distrib$ sudo apt-cache search open-vm-tools
open-vm-tools - Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (CLI)
open-vm-tools-dev - Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (development)
open-vm-tools-desktop - Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (GUI)
open-vm-tools-dkms - Open VMware Tools vmxnet kernel module (deprecated)

私の入れてるのはデスクトップ版の Ubuntu なので open-vm-tools-desktop 入れれば良さそう。

sudo apt-get -y install open-vm-tools-desktop

これで再起動すればおわり。

Ubuntu に open-vm-tools を入れる(VMware Workstation)

VMware Tools 入れようと思ったら open-vm-tools 入れろって言われた。
VMware Tools のオープンソース実装らしい。
だったら VMware Tools の tarball 展開する前に言えって思ったけど、入れてみる。

URL に飛んでみたらダウンロードページらしきものが見当たらないので apt を検索してみたらあった。
それを入れる。
Linux 系は gcc やら他のものいろいろ入れないといけないので、コンパイル済みのバイナリを提供しているらしい。
デスクトップ環境なら -desktop を、 Server 環境の場合は無印(CLI版)を入れる。

sudo apt-get -y install open-vm-tools-desktop
  1. vmware/open-vm-tools: Official repository of VMware open-vm-tools project
  2. Linux仮想マシンでVMware Toolsではなくopen-vm-toolsを使う | 仮想(VMware & Hyper-V)/クラウド・エンジニア技術ブログ
  3. open-vm-tools – Google 検索

GNOME のディレクトリ名を日本語から英語に直す

もう何回同じこと検索しているのかわからないので記す。
RedHad 系(RHEL, Fedora, CentOS)、 Ubuntu であろうがなかろうが GTK 使ってるディスプレイマネージャはこの方法で修正できる。


LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

特に日本語ディレクトリ名にしょっちゅう里心がつく人でなければ二度と聞くなチェックボックスにチェックを入れる。
これで完了。

ホームディレクトリのフォルダ名を日本語から英語に変更するには - @IT